HOME > タイ旅行記 > バンコク > 『願いを叶えるなら!』(エラワン・プーム)
  • home
  • タイ旅行記
  • タイ*ガイド
  • 便利な旅行用品
  • タイ音楽
  • タイ料理
  • 比較情報

『願いを叶えるなら!』(エラワン・プーム)

願いを叶えるなら!=エラワン・プーム

タイ人から絶大な信頼を置かれている、『エラワン・プーム』。
『プーム』とは、『祠』の事です。



エラワン・プーム

ここは、願い事の叶う確率が、国内最高と言われ、朝から晩まで、
多くの参拝者が訪れています。特に、宝くじ・商売繁盛や恋愛関係に威力を
発揮すると信じられてます。

ここは、ヒンドゥー教3大神の中の創造神、ブラフマーを祀っています。
ブラフマーは、お釈迦様の出家を助け、その後人々に説法する事を勧めるなど、
お釈迦様ととても関係が深い神様です。



エラワン・プーム

エラワンホテルの建設時に、事故が多発したため、ここは呪われた土地だと
噂が広まりました。それにより、働く人が一斉に逃げ出してしまったため、
安全祈願のため建てられました。その後、事故もなく順調に工事は進む事になります。

お祈りの仕方は、三点セット(花飾り・線香・ロウソク)を買って(20バーツ〜)、
お供えします。
ブラフマー像のまわりは、お供えの花であふれかえっています。

また、境内では、艶やかな衣装をまとった踊り子達の、タイ伝統舞踊が無料で見れます。
これは、願いが叶った人が、奉納の踊りを申し込み、専属の踊り子により
神様へ踊りが奉納されているところです。
次から次へと奉納ダンスが続く所を見ると、相当数の方が願いを叶えてるんですね〜

また入口で、かごに入った小鳥を売っている売店があります。
これは『タンブン』をするためです。タンブンとは、徳を積む行為で、
すればするほど自分に良い事が返ってくるという考えです。
タンブンの方法は色々ありますが、ここでは小鳥を籠から放してやることが、
タンブンになります。でも、また鳥を捕まえて来て、ここで商売をする・・・
何か複雑な気がするのも事実です・・・



場所は、ラーマ1世通りとラーチャダムリ通りの交差点で、
ゲイソンデパートの向かいです。最寄り駅はBTSのチットロムになります。

PS.
2006年3月、若い男性が金槌を使って、ブラフマー像を破壊しました。
彼は、それを見て怒った周りの人によって、殴る蹴るの暴行を受け、
亡くなると言う事件が起こりました。
彼は、精神障害だったとか、イスラム教徒だったなど報道されました。
また当時の政治混乱と絡め、タイに不吉な事が起こる前兆だと
大きな社会的事件に発展しました。同年5月に修復され元の姿に戻りました。



タイのツアー予約はこちらへ

バンコク旅行記トップページへ

PAGE TOP